トップ > フォトクリップ > 2017年 > 2017年12月

2017年12月

クリスマスツリーに飾り付けと餅つき体験~子ども自然教室2017年12月12日

クリスマスツリーに飾り付けと餅つき~子ども自然教室

9日、中央公民館で行われた自然教室でクリスマスツリーの飾り付け、もちつき体験をしました。はじめに、ロビーでライオンズクラブから寄贈された大きなトドマツにモールや様々なオーナメントを飾り付けしました。その後、トドマツの贈呈式では児童がライオンズクラブのみなさんへお礼の言葉を述べ、飾り付けされたツリーの前で記念写真を撮りました。その後、場所を小ホールへ移し、寺子屋塾のみなさんと一緒にもちつき体験。児童は杵と臼を使い、力強くもちをついていました。みんなでついたもちは色をつけてまゆ玉飾りに、そして昼食としてきなこや納豆、砂糖しょう油、磯辺もちにして食べました。ツリーとまゆ玉飾りは中央公民館ロビーに飾られていますので、ぜひご覧ください。

はじめての給食おいしい~!2017年12月11日

就学前児童給食体験

来年の春、小学校へ入学を予定している年長児を対象にした授業見学と給食試食体験が羽幌小学校で行われ、この日は、藤幼稚園の子どもたち12名が体験しました。1年生の算数、2年生の工作の授業の様子を見学した後、お楽しみの給食。今日のメニューは、ごはんとみそ汁、とんかつと白菜のおひたしでした。参加した子どもたちは、はじめての給食に「おいしい」と箸をすすめていました。

ボランティア実践者交流会が開催されました2017年12月11日

ボランティア実践者交流会

10日、中央公民館で羽幌町ボランティア連絡協議会主催の平成29年度ボランティア実践者交流会が開催され、町内のボランティア関係団体およびボランティア活動に協力している方、ボランティア活動実践校あわせて、小学生、高校生から大人まで11団体73人が参加しました。この事業は、町内でボランティア活動を行っている団体、個人が一堂に集い、日ごろの活動等について語り合うことと、仲間づくりやネットワークの強化、交流を通し活動の推進を図ることを目的にしています。今回の交流会では、海外ボランティアや震災ボランティアなど数多くのボランティア経験を有する、天塩町役場の河瀬氏を講師に招き、演習として参加者がグループに分かれ、災害対応ゲーム(クロスロード)を行いました。グループごとに災害時に起きる様々な状況の設問に対して、その時の行動が「YES」なのか「NO」かそれぞれが意思決定し、お互い発表しました。それぞれの知識や経験、立場などのよってさまざまな意見が出されていました。演習の後は、町内の清掃活動や防災訓練時の炊き出し訓練などさまざまなボランティア活動を行っている羽幌町赤十字奉仕団今委員長から日赤奉仕団のボランティアについて実践活動発表が行われました。

感謝の気持ちを込めてカレーライスを作りました2017年12月8日

羽小お米パーティー

羽幌小学校5年生が、総合学習の時間に稲作体験でお世話になった農業関係者のみなさんと学芸会のこきりこ唄を発表した際にお世話になったこきりこ保存会のみなさんを招待して、体育館でお米パーティーを開きました。
合唱と楽器演奏を披露した後、児童が自分たちで5月に田植えを行い、9月に稲刈りしたお米をつかって、参加していただいたみなさんへ感謝の気持ちを込めて作ったカレーライスを振舞い、子どもたちも一緒にみんなで美味しくいただきました。

こぐま児童会でも餅つきが行われました2017年12月8日

こぐま児童会餅つき

7日、羽幌町留守家庭児童会「こぐま児童会」で、餅つきが行われました。杵の重さにふらふらしている子どももいましたが、一人ずつ交代で杵をもって、年の数だけ力いっぱいつきました。お餅はみんなで丸めて、お雑煮にしたり、きな粉や砂糖しょう油をつけたりして、おやつにいただきました。

平成29年秋の叙勲伝達式が行われました2017年12月7日

平成29年秋の叙勲伝達式

平成29年秋の叙勲において、町内在住の髙橋政治さんが瑞宝単光章(消防功労)を受章され、4日、役場応接室で留萌振興局松浦振興局長から叙勲の伝達が行われました。町からは記念品として、勲記(賞状)、勲章を納める額縁を贈呈しました。髙橋さんは、昭和41年に羽幌消防団に入団されてから37年にわたり消防業務に精励され、この間、昭和63年には分団長、平成10年には副団長を拝命し、消防、防火活動にご尽力されました。受章おめでとうございます。

パワデールフェスティバル「町民玉入れ大会」開催2017年12月6日

町民玉入れ大会

2・3日、パワデールフェスティバル「町民玉入れ大会」が総合体育館で開催されました。
幼児から大人まで49チーム約330人が参加。練習の成果を発揮したチームや、はじめての本格的な玉入れに苦戦したチームなどさまざまでしたが、外の寒さを吹き飛ばすくらいに白熱した試合が行われました。応援に駆けつけた保護者や町内会の人たちもコートの選手たちへ大きな声援を送っていました。