トップ > フォトクリップ > 2020年 > 2020年2月

2020年2月

神奈川県海老名市で特産品販売・PRを行いました更新日:2020年2月19日

16日、災害時相互応援協定の締結先である神奈川県海老名市「えび~にゃハウス」で双方の職員による羽幌町の特産品販売・パンフレット配布及び「えび~にゃ」「オロ坊」とのグリーティングが行われました。特産品は好評につき予定時刻前に完売、2回行われたグリーティングは各回ともに開始前から列ができる程の人気ぶりで、大盛況のなか終了しました。

「小苺くらぶ・苺くらぶ」でソリあそびが行われました更新日:2020年2月18日

17日、羽幌町民スキー場「びゅー」で子育て支援センター「小苺くらぶ・苺くらぶ」のソリあそびが行われました。1歳6カ月から3歳未満の子どもたちら19名が参加し、強風にも負けず寒さにも負けず、お母さんや先生方と元気いっぱいにソリあそびを楽しみました。ソリあそびが終わったあとは、ロッジでおやつをみんなで食べました。

北るもい漁協の「外国人技能実習生大交流会」が行われました更新日:2020年2月14日

7日、はぼろ温泉サンセットプラザで北るもい漁協の「外国人技能実習生大交流会」が行われました。羽幌・苫前・初山別に来ているインドネシアからの技能実習生19名が参加し、一人ひとりの自己紹介のあと、食事や余興などを楽しみました。(写真:北るもい漁協提供)

羽幌高校吹奏楽局のミニコンサートが行われました更新日:2020年2月13日

11日、はぼろ温泉サンセットプラザエントランスホールで羽幌高校吹奏楽局のミニコンサートが行われました。留萌地区管楽器個人・アンサンブルコンクールで演奏した曲を中心に、おなじみのポップスや歌謡曲も披露し、観客からはたくさんの拍手が送られました。

「うさこちゃんあそびの広場」でまめまきが行われました更新日:2020年2月12日

1月31日、子育て支援センターで「うさこちゃんあそびの広場」のまめまきが行われ、30名の子どもたちと、25名のお父さんお母さんが参加しました。子どもたちみんなで鬼のお面をかぶり、元気にまめまきをしました。

羽幌高校2年の麻里さんが標語の最優秀賞を受賞しました更新日:2020年2月5日

4日、羽幌高校校長室で令和元年度「いじめ・ネットトラブル根絶!メッセージコンクール」(北海道教育委員会主催)の表彰状授与式が行われ、羽幌高校2年の麻里奈々子さんが【ネットトラブルの根絶部門】標語の最優秀賞を受賞、留萌教育局長から賞状などが手渡されました。最優秀賞と優秀賞を受賞した標語は、道内大手乳業メーカーの商品パッケージに掲載されます。