トップ > フォトクリップ > 2018年 > 2018年12月

2018年12月

地域貢献活動に対して感謝状を贈呈2018年12月14日

11日、町長室において、地域貢献活動を実施した萌州建設株式会社へ駒井町長から感謝状を贈呈しました。同社には中央老人寿の家の屋根の塗装作業を行っていただきました。ありがとうございました。

自然教室「クリスマスツリー飾り・餅つき体験」2018年12月11日

8日、中央公民館で自然教室「クリスマスツリー飾り・餅つき体験」が行われました。ライオンズクラブから寄贈されたクリスマスツリーに子どもたちが思い思いに飾り付け、飾り付けが終わった後は贈呈式が実施されました。そのあとは、寺子屋塾のみなさんと一緒に餅つきとまゆ玉飾りづくりを体験。ついたお餅で大福を作ったほか、きなこや砂糖じょうゆなどでみんなでおいしくいただきました。

羽幌小学校で授業見学と給食体験が行われました2018年12月10日

来年の春、小学校へ入学を予定している年長児を対象にした授業見学と給食試食体験が羽幌小学校で行われ、認定こども園・まきの園児たちが体験をしました。はじめに、今年入学した1年生2クラスの授業を見学。そのあとは、楽しみにしていた給食の時間でした。今日のメニューは給食の人気メニュー、ビビンバ、とうふとわかめのみそ汁、ショウロンポウ、焼きプリンタルト、牛乳の5品。園児たちは、はじめての給食の感想を聞かれ「おいしい!」と笑顔で食べていました。

「こぐま児童会」の餅つきが行われました2018年12月6日

羽幌町留守家庭児童会「こぐま児童会」の餅つきが行われました。児童のみなさん1人ずつ交代で、年の数だけ餅をつきました。重たい杵にもかかわらず、みなさん力強くしっかりとついていました。ついたお餅は丸めてお雑煮にしたり、のりやきな粉をつけたりして、おやつにいただきました。

パワデールフェスティバル「町民玉入れ大会」が開催されました2018年12月4日

2日、総合体育館でパワデールフェスティバル「町民玉入れ大会」が開催されました。大会には幼児から大人まで45チーム300人以上が参加し、熱い戦いが繰り広げられました。応援に駆けつけた保護者や町内会の人たちも大いに盛り上がり、選手たちへ大きな声援を送っていました。