トップ > フォトクリップ > 2017年 > 2017年9月

2017年9月

自然教室で平地区「わんぱくの森」へ行きました2017年9月21日

自然教室でわんぱくの森へ行きました

16日、自然教室に参加している児童16名が、平地区のわんぱくの森へ行き森林学習を行いました。講師として、留萌北部森林管理署の職員のみなさんにご協力いただきました。現地に着いたらヘルメットを被り森林散策。木の種類ごとの特徴や見分け方、森林の土壌について学習しました。その後、子どもたちは森林ビンゴゲームや万華鏡づくりに挑戦しました。ビンゴゲームでは「両手で抱えられない木」「いい香りの葉っぱ」などお題が書かれたビンゴカードを持ちながら森林内を散策、見つけたら丸をつけてビンゴを目指すもの。万華鏡づくりはキットを使用し万華鏡を作った後、最後に現地で摘み取ったきれいな色の花や葉っぱを入れ、思い思いの作品を完成させました。活動中にはカタツムリや大きなクワガタなど、たくさんの動植物と触れ合いました。午後からは公民館へ戻り、森林のはたらきや自分たちの生活との関わりなどについて学びました。活動の最後には間伐材を使って作られた鉛筆と鉛筆キャップのプレゼントがあり、クルミの実を割って油分を取り出し鉛筆キャップを磨く体験を行いました。

羽幌町敬老の集いが開催されました2017年9月21日

20日、中央公民館大ホールで社会福祉協議会主催の羽幌町敬老の集いが開催されました。会場には約280人が来場。式の中で、記念として高齢者代表の松田さん、村田さんへ藤幼稚園の山田凌太郎くん熊谷梨央ちゃんから花束の贈呈が行われ、お返しに園児二人へ記念品が贈られました。その後の余興として佐々木忍弥(三味線)氏、KENGObeats(パーカッション)氏、田村幸崇(和太鼓)氏による演奏が9曲披露され、会場からは盛大な拍手が送られていました。
また午前中には羽幌小学校体育館において佐々木忍弥氏による津軽三味線よされ節、あいや節、じょんがら節3曲の演奏が行われました。演奏の途中には小学生向けに三味線の部位のクイズ形式のトークも行われ児童たちは楽しいひと時を過ごしていました。(写真下)

羽幌で還暦野球大会が開催されました2017年9月19日

還暦野球大会

16、17両日、秋晴れの中羽幌スポーツ公園で第5回道北地区はぼろ還暦軟式野球大会が開催されました。留萌、宗谷、上川、空知から12チーム約300人が参加し熱戦を繰り広げ、深川クラブが優勝、士別俱楽部ジョーカーズが準優勝となりました。

ぼくの主張わたしの主張コンクールが開催されました2017年9月14日

ぼくの主張わたしの主張コンクールが開催されました

9日、中央公民館で第40回ぼくの主張わたしの主張コンクール(羽幌町子ども会連絡協議会主催)が開催され、町内の小中学生が自分たちの思っていること、考えていることを発表しました。最優秀賞に、小学生の部では天売小学校6年の川口くん(写真右上)の「一人だけど・・・」、中学生の部では天売中学校1年の上田くん(写真右下)の「転校について」が選ばれました。

北海道知事感謝状が贈呈されました2017年9月12日

知事感謝状贈呈

平成14年4月から現在までの15年間、鳥獣保護管理員(兼自然保護監視員)として従事されてきた畑忠幸さん(写真右)、天売島で自然保護監視員(兼鳥獣保護管理員)として従事されてきた佐藤勝治さん(写真左)が自然環境の保護・保全および動植物の保護に対する貢献により北海道知事感謝状が受賞されました。
5日、役場および役場天売支所において、留萌振興局保健環境部環境生活課長から感謝状の贈呈が行われました。

ふれあい広場2017inはぼろが開催されました2017年9月12日

10日、町全体で福祉を身近に感じるためのイベント「ふれあい広場2017inはぼろ」がレストパークで開催されました。朝の早い時間には雷をともなう風雨に見舞われ一時は屋内での開催かと思われましたが、開催時間にはすっかり雨も上がりイベントには絶好の天気になりました。会場には子どもからお年寄りまで1200(主催者発表)人が集まり衣類や、雑貨など趣向を凝らした模擬店や町保健師の健康相談コーナー、バルーンアートの実演ふわふわ遊具など幅広い世代が楽しめるよう工夫されたブースの数々に会場は大賑わいでした。また、ふれあいステージではバトントワリング、ストリートダンスなど華やかな衣装で元気に踊る子どもたちの姿に見に来ていたおじいちゃん、おばあちゃんは笑顔で拍手を送っていました。今年からはぼろコールスマイルの合唱が加わりいっそう会場を盛り上げていました。

しあわせ荘で敬老会が開催されました2017年9月11日

7日、特別養護老人ホームしあわせ荘で平成29年度しあわせ荘敬老会が開催されました。長寿のお祝いとして今年度100歳を迎えられ内閣総理大臣からの記念品の対象となる2名の方に対して、また、町からは88歳迎えられた5名に対して町長から記念品を贈呈しました。その後、敬老会に参加された入所者のご家族みなさんと一緒に久しぶりの昼食を食べました。楽しかった昼食会のあと、午後からは演芸会が催され楽しい一時を過ごしました。