トップ > 羽幌町の紹介 > ふるさと納税ワンストップ特例制度

ふるさと納税ワンストップ特例制度

ふるさと納税(羽幌町まちづくり応援寄付金)による税の軽減を受けるためには、確定申告又は個人住民税の申告を行う必要がありますが、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用することで、確定申告等を行わなくても税の軽減を受けることができるようになりました。
ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受ける方は、所得税の軽減相当額を含めて、個人住民税からまとめて控除されます(ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う個人住民税が軽減されます。)。
ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用するためには、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を羽幌町に提出していただく必要があります(提出がないと特例の適用を受けられません。)。
なお、確定申告等を行ったり、6団体以上の地方公共団体に寄付を行うと、すべての寄付について特例の適用は受けられなくなりますのでご注意ください。
総務省ふるさと納税ポータルサイト

誰でもふるさと納税ワンストップ特例を利用できるの?

次の2つの条件すべてを満たしている方がご利用いただけます。

1.確定申告等を行う必要のない方
 ・確定申告を行わなければならない自営業者等の方や、給与所得者の方でも医療費控除等で確定申告を行う方などは対象となりません。
 ・「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出していても、確定申告等をされた場合、ワンストップ特例の適用は受けられなくなります。申告をする場合は、寄付金に関する申告もお忘れのないようご注意ください。

2.ふるさと納税をされる自治体の数が5以下であると見込まれる方
 ・5以下の地方公共団体に寄付する予定で、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」を提出していても、結果として6以上の地方公共団体に寄付をされた場合、全ての寄付について特例の適用は受けられなくなりますので、必ず確定申告等を行ってください。
 ・同じ地方公共団体に複数回寄付をしても1団体としてカウントします。
 

利用手続きはどうすればいいの?

「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」(以下「申請書」という。)を羽幌町に提出してください。
申請書は、寄付金受領証明書送付時に送付させていただきます(以下よりダウンロードも可)ので、必要事項を記入のうえ、署名、捺印をして羽幌町へ提出してください(FAX及び電子メールによる提出は不可)。

なお、送料は申請者負担となります。
また、申請書受付後は、受付書を送付します。

!!マイナンバー制度により、「寄附金税額控除に係る申告特例申請書」への「個人番号(マイナンバー)」の記載が必須となっております。
またこれに伴い、番号確認と身元確認の2つの確認が必要になりますので、以下の書類を申請書とともに提出してください。

●個人番号カードを持っている場合
「個人番号カードの写し(表と裏の両面)」

●個人番号カードを持っていない場合
※番号確認の書類と身元確認の書類の両方が必要になります。

番号確認の書類(いずれか1点)
「通知カードの写し」または「個人番号が記載された住民票」

身元確認の書類(下記の①、②のいずれか)
①写真表示があり、氏名、生年月日または住所が記載されているもの・・・運転免許証、パスポートなどの写しをいずれか1点
②氏名、生年月日または住所が記載がされているもの・・・健康保険証、国民年金手帳、児童扶養手当証書などの写しをいずれか2点

 ・寄附金税額控除に係る申告特例申請書PDFファイル(389KB)このリンクは別ウィンドウで開きます
 ・寄附金税額控除に係る申告特例申請書(記載例)PDFファイル(439KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

【申請書送付先】
 〒078-4198 北海道苫前郡羽幌町南町1番地の1
  羽幌町役場 地域振興課政策推進係 あて
  電話: 0164-68-7013

申請書を提出した後に氏名や住所変更などがあった場合はどうするの?

提出済の申請書の内容に変更があった場合、寄付をした翌年の1月10日までに、羽幌町(上記申請書送付先と同じ)へ変更届出書を提出してください。
寄付に関する情報が、寄付をした翌年の1月1日に寄付者が住んでいる市町村に正しく通知されないと、ふるさと納税ワンストップ特例が受けられなくなりますので、必ず変更届出書を提出してください。

 ・寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書PDFファイル(152KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ先

地域振興課政策推進係 TEL:0164-68-7013 お問い合わせフォーム

お知らせ