トップ > くらしの情報 > 福祉・健康・相談 > 健康・医療 > 新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるっています。
町民の皆様には、あらためて手洗いと咳エチケットの徹底、外出する際の3つの事項の確認、集団感染の要因となる「3つの密」を避ける取組をお願いします。

新型コロナウイルス感染症とは

ウイルス性の風邪の一種です。発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)を訴える方が多いことが特徴です。
感染から発症までの潜伏期間は1日から12.5日(多くは5日から6日)といわれています。
新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染によりうつるといわれています。

次の症状がある方は、医療機関を受診したり救急車を要請する前に帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が4日以上続いている(解熱剤を飲み続けなければならない時を含みます)
強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある
※高齢者や基礎疾患などがある方は、上記の状態が2日程度続く場合

ページの先頭へ

感染予防対策にご協力をお願いします

 画像
ダウンロードPDFファイル(899KB)

日常的な感染予防対策として、まずは手洗いが大切です。外出先からの帰宅時や調理の前後、食事前など、こまめに石けんやアルコール消毒液などで手を洗いましょう。また、咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖をつかって、口や鼻をおさえる咳エチケットに努めましょう。特に職場や学校など人が集まるところで実践することが重要です。

  • 持病がある方、ご高齢の方は、できるだけ人混みの多い場所を避けるなど、より一層注意してください。
  • 発熱等の風邪の症状が見られるときは、学校や会社を休んでください。
  • 発熱等の風邪の症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録してください。

マスクはせきや鼻水等のかぜ症状がある方の使用が望ましいですが、新型コロナウイルス感染症による急激な需要の増加に伴い、依然として店頭では品薄の状態が続いています。使い捨てマスクが手に入らない場合は、ハンカチやガーゼ等の代用品の使用やご家庭において手作りマスクをご用意いただくなどご協力をお願いします。

経済産業省では、手洗い、普段の健康管理、部屋の換気、マスクの自作を含む咳エチケットなど、一人ひとりができる感染症対策をまとめた動画を紹介しています。

新型コロナウイルス感染症対策についてわかりやすく紹介する動画を作成しました このリンクは別ウィンドウで開きます (経済産業省ホームページ)

新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのご家庭でのマスク等の捨て方PDFファイル(166KB)

ページの先頭へ

外出する際の注意事項

1 体調は大丈夫?風邪気味ではありませんか?

専門家からは、「症状が軽い人も気づかないうちに、感染拡大に重要な役割を果たしてしまっている」と指摘されています。

  • のどの痛み、咳、発熱などがある場合は、外出を控えるよう心がけましょう。
  • ご自身やご家族の熱を測るなど、健康チェックに努めましょう。
  • 石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒、咳エチケットに努めましょう。
     

2 人が大勢集まり、風通しが悪い場所ではありませんか?

専門家からは、ライブハウスや友人宅での大人数での飲み会など、屋内の閉鎖的な空間で、人と人が至近距離で、一定時間以上交わることによって感染する可能性があると指摘されています。

  • 換気が悪く、不特定多数の人が密に集まるような空間は、感染リスクが高いことから、その規模の大小に関わらず、避けましょう。
  • 窓のある環境では、可能であれば2方向の窓を同時に開け、建物内の換気に努めましょう。
     

3 感染リスクを下げる方法をご存知ですか?

専門家からは、症状のない方にとって、屋外での活動や人との接触が少ない活動のほか、一定程度の距離をとった会話は、感染リスクが低いとされています。

  • 会話は、手を伸ばして相手に届かない程度の距離をとるか、自分から飛沫を飛ばさないようマスクを装着することが望ましいとされています。
  • 買い物は、混雑していない時間帯を選ぶといった配慮が必要です。
  • 散歩やジョギング等は、感染リスクが低いとされています。
ページの先頭へ

集団感染の要因となる3つの密を避ける取組を!

画像
ダウンロードPDFファイル(1245KB)

次の3つの条件がそろう場所が、クラスター(集団)発生の感染リスクが高いといわれています。日頃の生活の中で、3つの密が重ならないよう感染防止対策を徹底しましょう!

  1. 喚起の悪い密閉空間
  2. 多数が集まる密集場所
  3. 間近で会話や発生をする密接場面
ページの先頭へ

相談窓口

帰国者・接触者相談センター(感染が疑われる方の相談窓口)
相談窓口 電話番号 開設時間
留萌保健所 0164-42-8327 平日 8時45分~17時30分
北海道保健福祉部
健康安全局地域保健課
011-204-5020 24時間
相談窓口(新型コロナウイルス感染症についての一般相談)
相談窓口 電話番号 開設時間
厚生労働省電話相談窓口 0120-565653 9時00分~21時00分
留萌保健所 0164-42-8310 平日 8時45分~17時30分
北海道保健福祉部
健康安全局地域保健課
011-204-5020 24時間
ページの先頭へ

お問い合わせ先

健康支援課保健係 TEL:0164-62-6020 (すこやか健康センター内) お問い合わせフォーム

お知らせ